大田区で自動車を手元に残しながら債務整理は可能か?

大田区自動車債務整理

 

大田区で借金問題を抱えている方の中には債務整理によって借金を整理したいと思う方は多いです。ただ債務整理することによって手元にある自動車を手放す必要に迫られるのではないかと思う方もいると思います。

 

大田区は都心なので住んでいる地域によっては自動車が無くてもそこまで生活に困らないかもしれないですが、それでも自動車が手元にあるのとないのとでは行動範囲が大きく違ってくるので、今後の生活に大きな影響を与えることになります。

 

結論を言ってしまうと利用する債務整理方法やローン状況によって自動車を手元に残せるかは大きく変わってきます。

 

手元に自動車を残せるのは任意整理

 

債務整理しても手元に自動車を残したいのであれば任意整理が一番の利用候補になってきます。任意整理は交渉によって返済条件を変えてもらうという債務整理方法で、依頼者がどの程度の資産があるのかということは問われないので、自動車が手元にあっても普通に手続きすることができます。

 

ちなみに自動車ローンがまだ支払い終えてないようなケースなら、自動車ローンを任意整理の対象から除外することによって、自動車ローンを減額せずに済むので、ローン会社に自動車を引き上げられずに済みます。

 

そのため任意整理なら自動車ローンがあった場合でも既にローンを完済しているようなケースでも自動車を手元に残すことができます

 

個人再生や自己破産だと自動車を手元に残すのは難しい

 

個人再生や自己破産だと自動車を手元に残すのは難しいです。どちらも裁判所で手続する債務整理方法で、債務整理手続きに持っている資産が影響してくるので、自動車のような高額資産がある場合には注意が必要です。

 

個人再生は全ての借金が債務整理対象になるので、自動車ローンが残っている場合には自動車ローンを整理対象になってしまうため、ローン会社に自動車を没収されてしまう可能性があります。すでにローンを完済しているなら手元に残すことができますが、借金の減額幅に影響が出る可能性があります。

 

自己破産は全ての借金が整理できるという債務整理方法ですが、自動車などの高額資産は没収されてしまうことになるので、ローンを完済していても高額資産という事で没収されてしまう可能性があります。

 

ただ自動車の資産価値が20万円以下で高額資産と判断できないようなケースだと手元に残せる可能性があります。この辺りはケースバイケースですね。

大田区で自動車を残しながら債務整理するなら事前に無料相談

 

 

大田区で自動車を手元に残しながら債務整理したいといことなら事前に無料相談を利用して弁護士や司法書士に、現在の借金の状況や自動車ローンの支払い状況などを相談するといいと思います。

 

基本的に任意整理を利用すれば自動車を手元に残すことができますが、人によって借金額が大きくて任意整理は完済が難しいというようなケースもあったりします。

 

そういった場合には個人再生や自己破産などを利用することになるので、こういったケースだと自動車を残せるかどうかはケースバイケースになってきます。

 

債務整理に慣れている弁護士や司法書士なら無料相談で現在の状況を説明すれば、自動車を手元に残せるかどうかを答えてくれると思うので、債務整理をすることで自動車を残せないのではないかと不安に感じているのなら一度相談してみるといいと思います。

 

下記では債務整理に慣れている弁護士事務所や司法書士事務所をまとめているので、自動車ローンを含めて借金問題になや悩んでいるなら参考にしてください。